就職しやすい業界の一つ

介護

資格要件と給料を確認する

超高齢社会を迎える時代、どの自治体でも介護人材をどう確保するかが喫緊の課題となっています。介護施設の建物は完成してもオープンできなかったり、特定の階には誰もいないという状況が全国各地で起こっています。しかしこのことは、労働者側からすれば、介護の仕事には就きやすい時代であると捉えることもできます。神奈川県においては、横浜市を筆頭に大都市を抱え高齢者数も非常に多く、同時に介護求人も多い状態にあります。そんな神奈川県で初めて介護の仕事に就こうとする時に押さえておきたいことの一つが、資格要件です。初心者にとっては介護福祉士や社会福祉士等の資格が必要な求人は最初から応募できません。しかし、求人をよく見ると無資格でも可というものも見受けられます。この場合、採用後のスキルアップとして資格取得のための支援が職場内にあるかを意識しておくと良いでしょう。また、神奈川県内の自治体によっては、資格取得のための資金援助や、介護の仕事に就くことを前提にした資金貸付制度などがある場合もありますので、そこも情報収集をしておきましょう。次は給料です。神奈川県は関東の大都市圏ということもあり物価は全国的に高い傾向にあるので、これは大事な点です。基本給はもちろんのこと、定期昇給があるか、各種の手当があるかなど、最初に確認しておきたいものです。また介護の仕事によっては、夜勤があることもあります。この場合、1回1万円前後の手当が支給されます。その点も含めて求人票をきちんと確認しておくことが大事です。

Copyright© 2018 看護師の求人選びで大事なこと【 同じ職場で働き続けられる】 All Rights Reserved.